• kansagawachubu

大会前放流 & RART杯寒狭川中部あまご釣り大会

更新日:3月5日


いよいよ2022年あまごシーズン解禁の幕開けとなりました。 オープニングイベントは、毎年恒例の特別解禁「寒狭川中部あまご釣り大会」 昨年から伊藤工学工業㈱様からご支援をいただき、大会主催者にもなっていただき 「RART杯あまごチャンピオンシップ」として今年も開催いたしました。 毎年、解禁前には成魚放流をします。 今年は、本流には成魚を入れないので、すべて支流、しかも昨年の解禁前よりどどーんと 70kgも増量しました。 しかし、これを支流のゾーニングされた細かい放流ポイントにいれていくのは大変な作業です。そこに手を差し伸べてくれたのが、先日発足した「塩瀬ベース倶楽部」の皆様。 当日は、けっこう激しい雪になり、心配したのですが、なんと参加を表明してくださった16名の皆様全員が、集合時間の10分前には揃っているという素晴らしさ。


テンカラアドバイザーの石垣先生、フライフィッシングアドバイザーの杉坂友大郎さん、杉坂渓亮さんも手伝いにかけつけてくださり、和気あいあいと放流作業も進みました。





そして迎えた大会 無情にも、朝から雪となりました。 それでも、監視に回ると、雪の中にも釣り人の姿があちこちに見られ、いつもの大会風景に。 しかし、雪のせいか、若干人出は少ないようです。 大会本部では、今日も塩瀬ベース倶楽部が大活躍。 いつもは修羅場となる検量作業も、テキパキとこなして頂き、表彰式へと漕ぎ着けました。 まず主催の伊藤工学工業㈱ 小田取締役からご挨拶をいただきました。 そして、今回は、来賓として 衆議院議員 今枝宗一郎様 愛知県会議員で内水面漁連会長の峰野 修様 新城市長 下江洋行様 のご臨席を賜り、勇気が出るような、ありがたいお言葉を頂戴いたしました。 いよいよ、表彰です。 各部門の中から最長寸のあまごを釣った方が総合優勝です。 総合優勝は一般えさ釣り部門の方。サイズは29.8センチでした。

そして、レディースルアー部門では、塩瀬ベース倶楽部メンバーの奥様が2連覇!! 勝負強さを見せつけてくれました。Kさん、さすがです。

また、一般毛ばり部門でも塩瀬ベース倶楽部のTさんが優勝!!

入賞者の皆様、おめでとうございます。 その後はたくさんの飛び賞を発表し、大会はお開きとなりました。 片付けも塩瀬ベース倶楽部の皆様のありがたい協力であっという間に片付け終了。 こうして雪で出足は少なかったものの、シーズン・インとなりました。 明日2月7日から一般解禁です。 どうぞ皆様、塩瀬BASEへと足をお運びいただき、美しいアマゴと戯れてください。 お待ちしております。

閲覧数:497回0件のコメント